2008年07月31日

ネットメイキングのこだわり

と言うほどのモンでもないですが・・・
かれこれ1年以上も作ってるとそれなりの『こだわり』が出てくるもんです。
まだまだ『こだわり』よりも『ワガママ』の比率が高い気もするんですが・・・(汗)

今日はHicraftのささやかな『こだわり』について少々・・・



まず形状。
圧倒的にカーブが多いです。
勿論ストレートも大好きですし、今後は本腰入れて作ります(実際写真映えするのは絶対ストレートだと思う)←これはどっちかと言うとワガママですね(汗)
理由は作りやすさもありますが、何と言っても『無理がない』と思ってるからです。
ここで言う無理がないって言うのは『使い手』の事。
言うよりも見てもらった方がいいかも知れませんね。

IMGP3806.JPG


分かります?(汗)
自然に腕を伸ばしてみると分かると思いますが、伸ばした腕と握ったグリップの方向には必ず角度が付きますよね?
カーブタイプだと『自然に腕を伸ばしてランディングしやすい』と思うんです。
ストレートだとどうしても手首を捻る角度が大きくなります。
大した違いじゃないんですけど、ランディング直前に魚が動いた場合、気持ちと体の動きに少し余裕が出るんじゃないかと思ってます。


そしてフレーム。
フレーム材は色合いやアクセントを考慮して種類の違う材を数枚重ねるのが一般的かと思います。
勿論、オイラもそうしてますが一番外側のフレームだけは必ず同じ材を2枚使う様にしてます。
理由はフレームの『存在感確保』
一番外に来るフレームは面取りをする関係上、正面から見た時に挟んだ材より薄く見えます。
面取りしないという手もありますが、塗料や材が欠損する可能性が高いのであまりやりたくありません。
一番外側はある意味ネットの印象を決める『顔』を担ってる部分でもありますから、これでは寂しいなと。
そこで2枚重ねる事にしてます。または他の材より厚い物を使ったり。
逆に内張りは正面から見ると姿が見えない(見えにくい)んだけど、ふと見るといる!みたいな感じが好きなので1枚だけ(笑)


言わなきゃ分からない、本当に小さなこだわりですけど、こんな部分を大切にしたいと思ってます。
こだわりがワガママで終わらない様・・・

これからも精進します。



ではでは♪


posted by ヒデ at 12:25| ☁| Comment(13) | TrackBack(0) | ハンドメイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
釣りってだけでもう『こだわり』の世界、
フライってなったらまた『こだわり』の世界、、、
『こだわり』に『こだわる』のもいいじゃありませんか。
Posted by のしろ at 2008年07月31日 22:33
のしろさん、ども!
釣りするだけならこだわりで通しちゃうんですけどねー
人様に使ってもらう手前、作り手の主張が強すぎるのも如何なもんかと(笑)

とは言え個性を出すには必要不可欠だったりもして・・・

バランスって難しいです、ホント(汗)
Posted by ヒデ at 2008年08月01日 12:32
「コダワリ」
いい響きの言葉です。
言ってみればビルダーの主張〜〜ですね。
無くてはならないものだけど、出過ぎると・・。

おいらもいつも悩みます(笑)

でもでもコダワリタイ  ですね!
Posted by ぽんた at 2008年08月02日 10:26
コダワリかぁ〜。
自分にはそう言えるのってあるだろうか?
強いて言えば塗装でしょうかね。

でもやっぱり作り手のワガママが多いですね(^^
Posted by yamada at 2008年08月02日 19:41
もう結構な数をこなしてるので、
こだわりも出るでしょうね〜
個性のある一本いいですな

あ、俺のは”ガッキー”仕様っていう個性でお願いします(笑)
Posted by domy at 2008年08月03日 06:47

僕は作り出して一年ぐらいの頃は憧れていたビルダーがいて、あんなフレームを作りたいって日々模索していましたね、コダワリを持つほど考えは固まっていなかったな

今の自分のコダワリってなにかな??

コダワリは雰囲気ですね
しいて言えば曲線美(笑
あいまいですが(^^;
他の部分は一瞬で考え方が変わります(笑
Posted by NaO at 2008年08月03日 08:43
あ、それと、書き忘れ(^^;
上の続きだと思ってください

でも、コダワリを持つことは絶対必要ですから、これからもヒデさんなりのコダワリを大切に、更に突き詰めてくださいね。(^^
Posted by NaO at 2008年08月03日 09:39
ぶっちゃけ、釣りは趣味の世界でしょうから、こだわってもこだわらなくてもいいんでしょうけど、こだわった方が面白い。だからタイイングとかキャスティングとかクラフトとか、こだわっちゃうんですね〜。
( ´∀`)ノ
Posted by 電話屋 at 2008年08月04日 07:31
ぽんたさん>
作り手として個性を出す意味でもコダワリを捨てるのは無理ですよね。
それが『これいいでしょ?ホレホレ!』になるとワガママだし、オーナー様の嗜好に合うかどうかがやっぱり分かれ目かも知れません・・・

でもやっぱ・・・コダワリたいですよね〜(笑)


yamadaさん>
コダワリとワガママって本当に紙一重(汗)
コダワリのポイントも人それぞれですよね。
塗装とか整形とか・・・技術的部分に関してはオイラまだこだわる自信が無く・・・(泣)

yamadaさんの進化のスピードは見てて羨ましいっす。
Posted by ヒデ at 2008年08月04日 12:30
NaOさん>
昔職場の先輩に言われたのが『技術や経験が伴ってなければワガママ、それが伴って初めてコダワリ』

未だに忘れられません・・・

そういう意味ではオイラなんてまだまだワガママの域から出られません。
ただオーダー受けると公言した以上は『こんな方向性で作ってます』を知ってもらった方がいいのかな?と。

デザインや使用材はオーナー様の意向に出来るだけ合わせたいんですが、そうした中でもコレだけは言わせて!を書きました(笑)

この先も新しいコダワリ、捨てるコダワリが刻々と変化すると思います。
それって無節操じゃなくて進歩ですよね?(汗)


電話屋さん>
あ、何か真理かも。
どうせやるなら楽しく、面白く。
そんなプロセスのスパイスとしてのコダワリは大事ですよね〜

オイラのコダワリが人様に受け入れられて賛同してもらえる・・・

そんな作品作りをしたいっす!!
Posted by ヒデ at 2008年08月04日 12:37
domyさん、すいません見逃してました(滝汗)

まだまだ先輩ビルダーの方々に比べれば生まれたてです(汗)
オイラが先輩達を見て『こんなの作りたい!』って思った様にいつかはオイラのネットを見て奮起してくれる人が出てくれば・・・そんな夢もあったりして(笑)

ガッキー>
あぁ・・・また好みが変わってる・・・
Posted by ヒデ at 2008年08月04日 12:41
『技術や経験が伴ってなければワガママ、それが伴って初めてコダワリ』

名言ですね!!
なるほどお・・
Posted by NaO at 2008年08月04日 15:13
NaOさん、おはようございます。
オイラもそう思います(笑)
色々と教えて頂きましたけど、この言葉が一番印象的でした。

ん〜〜〜〜精進せんとなぁ・・・(汗)
Posted by ヒデ at 2008年08月05日 08:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。