2007年09月26日

2007年9月24日〜虹と雨 後編〜

titlekouhen.jpg


昨年秋から手を染めた遡上イワナ属の釣り(コレとかコレ参照)
その余りの釣れっぷりが忘れられず、毎年の恒例行事としてオイラのスケジュールに組み込まれる事となりました。





4月の時点で予定書き込みましたからね(フフン♪)


















予定通りにゃ行きませんでしたがね(泣)



今年は去年よりも早い9月スタート。
果たしてどうなるやら。
思えば緑三号さんと初めて一緒に釣りしたのもこの川のこの魚でした。
早いものでもう1年経ったんですね、今後ともよろしくです。

昨日の4番ロッドを6番に持ち替えていざ出陣。
後編スタートでございます。



++++++++++


予定通り6時に起床。
昨夜は熟睡を通り越して爆睡。睡眠通り越して永眠なんてゆー勢いだった為、目覚めスッキリ♪
昨日よりも寒さが増した感のある早朝。上着を着てても寒さが沁みる。

まずは下流から流れの様子を見ながら本命ポイントへ向かう事に。
下流域では既に数名のルアーマンを確認。
多分アメマス狙いだろう。ご禁制やってる奴等ならもう引き上げた筈。

とある橋のそばには真新しい看板が。

kumakanban.jpgkumakanban2.JPG


あぁ・・・やっぱり出るんだ(泣)
しかも『くま看板用』ってわざわざ書かれた木材に担当者の並々ならぬ気合を感じますな。


おい、熊田(仮名)まだやってるのか?

はい、これ立てないと何かあってからじゃ遅いっすから

あんまり無理するなよ

大丈夫っす!もうあんな思いはしたくないですから・・・

熊田(仮名)・・・・・




























何があったの!?(泣)←何もねーよ




そんな熊田君(仮名)の思いを無駄にせぬ様、気を付けよう。
そんな誓いを胸に更にチェック続行(←ある意味幸せ者

本命より少し上流の橋もチェックする為に向かうと先行者発見。
オイラ達が車を停めると慌てた様に出発し、橋のたもとに駐車、いそいそと準備を始めた。

気持ちは分かるけど・・・・・ねぇ?(笑)

ま、そんな行動に出る位だから橋の上から覗くまでもなく居るって事だろう。
案の定、橋の真下にあるテトラ周りには数十匹の群れで入っているアメマスを数グループ視認できた。

魚は確認できたので、本命ポイントへ戻り準備&朝食。
久々にコンロで入れたコーヒーが胃に沁みる。

さて、と。

iza.JPG

行くぜい!


久しぶりに見る川は先日の台風の影響なのか、流れが少し変わった様子。

IMGP2464.JPG


去年はいい深みだった所が潰れてたりもしたが、逆に新しい深みが作られた所もあった。
じ〜っと深みを観察すると、いるわいるわ、川底が真っ黒になる位の魚影。
全てがアメマスという訳ではないと思うが、かなりの数がいるのは間違いないだろう。
魚がいるのは分かった。
後は食うかどうかだけ。
おりしも3連休最終日。状況は不利な方に傾いている(汗)

定番のエッグによるルースニングで深みを攻めるがアタリすらない(泣)
そこに居るのが分かってるだけに悔しい事この上ない。
ただ魚の活性は高い様で、そこらで凄い音と共にライズしている。サイズはどう小さく見ても50クラス。



やる気は出るが釣果は出ない(汗)




こんな悪循環に悶えながら、ふと思った。

ライズしてる⇒ドライで出るかも?

マッチ・ザ・ベイト(ハッチ)も完全無視。アピールのみ重視でまたしてもチェルノブイリアントを結ぶ。



キャスト。  出た(あっさり)




『マジで!?(笑)』 苦笑する緑三号さんと顔を見合わせながら寄せてくる。
でも手応え的には・・・・・







やっぱりお前かよ・・・・・_| ̄|○







写真も説明も不要でしょう。20cm前半のウちゃん。
どうやらそれなりの数が混ざっている模様。

でも、でかいライズはウじゃない筈なのでしつこく狙ってみる(←懲りない)



キャスト⇒沈黙  チッ



キャスト⇒沈黙  お・おのれ!



キャスト⇒バシャン!⇒ヒット!!  ケケケッ、やったぜ♪きゅう ・・・_| ̄|○


こんな事を2回ほど繰り返し、ようやく現実を悟る(←遅いって

再びルースニングに切り替え、今度はやや緩い流れの瀬を攻める。
ちなみに水深はいいとこ1mちょい。偏光グラス越しには川底にへばりついているアメマスがうじゃうじゃいるのが見える。
タナをいじり、フライのカラーをとっかえひっかえし、あの手この手でヒットパターンを探っていると、マーカーがついに沈んだ!アワセ! 途端にズシンと来る手応え!とうとう来た〜〜〜〜〜〜〜!!!  バレた(泣)

しかし、これでイケルかも!?そう思い、キャストしようとした瞬間だった。



おぉっ!!?


50mほど離れた下流でやっていた緑三号さんの声に振り向くと、6番ロッドが満月にしなってる!!

tatakai1.JPG

キターーーーーー!!



これはデカそう。急いで緑三号さんの元へ向かう。
向かっている最中も右へ左へロッドを動かし、賢明に魚を寄せようとする緑三号さん。
辿り着いた時魚体が見えた、デ・デカイ(汗)!
ネットを手に取りランディングのサポート体制に。が、その瞬間バレた!?

『あぁ〜〜〜〜〜』思わず天を仰ぐ緑三号さん。
見えた魚体は明らかに60クラス。

その後徐々に上流へ移動しながら深みという深みを攻める。
さっきの1本でスイッチが入ったのか、緑三号さんは怒涛のヒット!バラシもあったがきっちりキャッチした魚体は見事の一言。
60ジャストもヒットさせたが、これまたマッチョなパンパンのぶっとい魚体だった。
(写真は恐らくブログ『緑軍団』に掲載される筈。緑三号さん記事書いてね

オイラも緑三号さんのアドバイスにより、徐々にではあるがヒットが増える。

ame50cm.JPG
ame50cm (1).JPGame50cm (2).JPG

ようやくの初ヒットは50cm、ちょっと細め。


純天然の顔、魚体、そして何よりヒレ。
海を回遊し、川を遡上する天然魚のそれは何とも言えない迫力がある。

その後小さ目(40cm位?)や本日最大の56cmも追加。

ame40cm.JPG
ame56cm.JPG

この魚体たまりません(喜)


恐らくは産卵前のコンディション。
6番ロッドはバットから満月状に曲がり、リールから容赦なくラインを引き出すトルクフルな引き。加えてアメマス特有のヘッドシェイキング。
2本も釣ると腕がパンパンに疲れてくる。









た・ま・ら・ん揺れるハート



結局ランディングは5本。バラシも含めればヒットは10本前後という感じだろうか?
緑三号さんは当然もっと釣っていた(羨)

tatakai2.JPG

こんなバトルが少なくても10分ごとに繰り返されてた(汗)


およそ、半日でこの釣果。
満足しない訳がない。

予定を少し延ばしてお付き合いして下さった緑三号さん感謝です!本当にありがとうございました!!

突き詰めれば奥が深いこの釣り。
その反面、フライパターンやポイントなどにそんなに気を使わなくていい気軽さも持ち合わせている。
おまけに魚の数、サイズも申し分なし。多少大勢でやっても全員が結果を出せる。

やたらと頭を使う難しい釣りは勿論面白いが、1年のウップンを払拭できるこの釣りは独特の面白さがある。言うなれば『お祭り』の様な。

今年も後数回は行こうと思う。
そしてこの釣りが終わる頃、オイラのシーズンも終了。
楽しいけれど寂しさが増す釣り。
でも、最後の相手が純天然の大型魚。
毎年言ってるが・・・











北海道、最高!!!



++++++++++


hottyare.JPG

hottyare2.JPG


水中の白いのは全て産卵を終えたか、鳥や熊にやられたカラフトマスや鮭。偶然でしょうが寄り添う様に死んでいた魚に思わずシャッターを押してしまいました。
毎年感じますが、この川には生命の始まりから終わりまでの全てが凝縮されている気がします。(食物連鎖や弱肉強食も含め)
それを肌で感じる事ができる環境を大事にしたいもんです。
この日も車を停めた場所で空き缶1個、河原であろう事かティペットやマーカーの空き袋を回収しました。
何となく心当たりがあって、万が一このブログを読んでいる方。






ゴミを捨てるのをやめるか、釣りをやめるか考えて下さい。





『灯台もと暗し』とは言いますが、道外から移住したオイラには良く分かります。
こんな素晴らしい環境で釣りができるのが如何に凄く、今の日本では貴重である事かが。
貴重なフィールドを大事にし、そしてそれを次世代へ伝える義務が我々にはあると思います。
大体にして今の御時世>)+{‘〜=&&#$’%“・・・・









よし、書いてるとキリがない(汗)


まあ、アレです。
自分も他人も気持ち良く釣りしましょうよって事です。


どうにも話が逸れましたが、こんな感じで釣った2日間。
久しぶりの釣友とのコラボも含め、非常に楽しく、充実した釣行でした。
次回はいつ行けるか?
カレンダーを眺めながら指折り数える日常が再開します(泣)


2回に渡り長々とお付き合いありがとうございました。





ではでは♪
posted by ヒデ at 12:23| ☔| Comment(20) | TrackBack(0) | 釣行記(自然河川) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>そんなに気を使わなくていい気軽さ・・
私が秋のアメマス釣りが好きな理由・・正に
コレ。ガツガツした釣りよりも時間をたっぷ
り使ってゆっくりと大きな魚を相手にできま
すからね(笑)

さて来週・・私は仕事です(泣)
Posted by ウルフ at 2007年09月26日 20:42
道東釣行お疲れさんでした。
いい魚にもめぐり合えたようでよかったですねー。この時期ならではのパラダイスでからねー。
Posted by JIJI at 2007年09月26日 21:12
頑張って記事アップしましたよ。
初日分だけですけど(汗)
どもどもお疲れさまでしたー。
楽しかったですね。産卵前に魚体があんあにパワフルだとは思いませんでしたね。
こりゃほんと、やみつきになるは(笑)
オイラは残りのシーズン出掛けられるか微妙なので、是非ともナナマルをよろしくお願いします!
Posted by 緑三号 at 2007年09月26日 23:50
これからアメマスは本格化ですね♪
アメマス銀座に殺到するんだろうなぁ・・・
今度は湖&川(アメ)で人の居ない場所でやりましょうか♪
アソコなら・・・くっくっくっ←ドコだ(笑)

エッグはそろそろいい感じでしょうかね?
ドライでも出るみたいだけど
10月・・・もっと休みを・・・(T_T)
Posted by domy at 2007年09月27日 08:17
2日間に渡り楽しんだ様ですね。
実は結構近くに我が家もいました。
雨鱒はいまいちだったけどね。
ヒデさんにはアメマス釣りでサケがかかったところで通報された位のオチを期待したんだがなぁ
Posted by ogata at 2007年09月27日 12:35
コンチワー。
ニアミスだね〜(笑
熊チャンも見たよ。
あの辺はどこに出ても
おかしくないもんね〜!

Posted by ツララ at 2007年09月27日 15:56
ウルフさん>
いいですよね〜気楽に大物釣れる釣りって(喜)
この時期になると北海道に移住した幸せを改めて噛み締めたりしますよ(笑)

さて来週・・・オイラも仕事だったりします(泣)


JIJIさん>
とりあえずお先に行かせて頂きましたー
投げれば釣れるという状況ではありませんでしたが、釣れた魚はどれも素晴らしかったっす!
JIJIさんも早くおいでませ〜
Posted by ヒデ at 2007年09月27日 17:27
緑三号さん>
ホント、お疲れ様でしたー!
やっぱ誰かとワイワイやる釣りはいいもんですよね♪

ナナマルですか?
自分で釣って下さいね。すなわちもう1回位頑張っておいでませ(悪魔)


domyさん>
どこ!?どこどこ!??(笑)

アメマスのいい所はみんなでワイワイやれるって事ですよね〜
もっともっとお祭り騒ぎしたいですけど、同じく10月は釣りに裂ける休みが・・・(泣)
Posted by ヒデ at 2007年09月27日 17:31
ogataさん>
あっちの夫婦にこっちの夫婦とみなさんニアミスだったようですね(笑)
やっぱりこの時期は皆さん東へ足が向いてしまうんでしょうか?楽しいですもんね。

オチ>
さすがにそこまで強烈なのは、ネタ以前にオイラの人生に影響しそうなので・・・カンベンシテ(泣)


ツララさん>
やっぱニアミスでしたか(笑)
どの辺でやってたんでしょ?アレを見たって事はもっと上の方だったんでしょうか???

まだまだ祭りは続きます!
次回は御一緒できるといいですねー
Posted by ヒデ at 2007年09月27日 17:35
すっげっぇーーー
さすがは北海道!移住したい!!
10月だけ(爆

今から準備すれば・・・
来年くらいには行けるかなあ(核爆
Posted by のしろ at 2007年09月28日 22:48
のしろさん、どうもです!
移住したいでしょ?(笑)
10月以外も色々といいですよ〜〜〜(悪魔誘)

今から準備すれば・・・>
無責任を承知で言えば・・・
絶対大丈夫です!是非計画しましょう!!
Posted by ヒデ at 2007年09月30日 14:03
釣果的には厳しかったけど、道東アメマスの強い引きは最高ですよね
仕事以外でも家の事で忙しくなりそうなんですが、10月にも少し行ってみたいと思う今日このごろです・・・(笑
Posted by yoshi at 2007年09月30日 17:57
yoshiさん、おはようございます。
遠征お疲れ様でしたー。
中々手強かったみたいですけど、魚と逢える事ができたようで何よりっす!

10月行きたいでしょ?(笑)
あくまで去年の経験則でしかないですけど、10月末〜11月頭が良かった様な気がします。
さあ!さあさあさあさあさあさあさあ!!(笑)
Posted by ヒデ at 2007年10月01日 08:22
北海道最高!
ってこちらはボですが。
鮭が続けてボですが。
ボですが
ボですが
ボですが

アメマス釣りに行こうかなあ。
Posted by ビルK at 2007年10月01日 10:37
ビルKさん、ども!
あぁ・・・大変なご苦労があったのが良く伝わります(同情)
そんな気分を払拭してくれるのはやはりこの時期のアメマスではないでしょうか?

さあ!さあさあさあさあさあさあさあ!!(←しつこい)
Posted by ヒデ at 2007年10月01日 12:51
よかったですね、そこそこ楽しめて、ポイントは例のところですか?、中旬、攻めてみましょうか。
Posted by たいめん at 2007年10月02日 08:18
初めまして!
以前からちょくちょくお邪魔させていただいておりました
ツララさんのサイトから行き着きました
「ゴミを捨てるのをやめるか、釣りをやめるか考えて下さい。」
このコメント格好良いっす!

熊のエトセトラ。。。僕にもあります(笑
今度遊びに来てください
Posted by mochi at 2007年10月02日 21:14
たいめんさん>
おはようございます!
そうです!例の所から入って上流方面へ釣り上がって下さい。
(アメマスの)産卵終了までは食いが渋いとの話ですが、ヒットすればそりゃもう・・・(涎)
御一緒したいのですが、現在身動き取れません(泣)
月末か来月頭にはと思ってますので、まずは頑張って来て下さい!


mochiさん>
初めまして!ようこそおいで下さいました!
オイラもお名前はあの人の所やこの人の所で拝見しておりました♪
9割以上がおふざけで構成されている、何の足しにもならないブログですが今後ともよろしくお願い致します。(←書いてて空しい)

後でオイラもお邪魔させて頂きますね〜
Posted by ヒデ at 2007年10月03日 08:33
ホントネ

豊かなはずの自然と魚たち
その反面見られる人間の身勝手さ

ため息でますわ、、ワタシモ、、
Posted by NaO at 2007年10月03日 10:44
NaOさん、どうもです。
先日もカミさんに言われました。

『ホントに大事に思うなら釣りそのものをやめればいいじゃない』

ハッとさせられましたね。
でもやめられそうにありません。
ゴミを捨てるか捨てないかの違いだけで我々釣り人は決して自然に対して優しい訳では無いのかも知れませんね・・・
Posted by ヒデ at 2007年10月03日 12:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。