2007年05月05日

ソルトの釣り、ポンドの釣り

潮風が心地いい。
穏やかな天候を裏付けるかのようなナギの海面。
寄せては返す波も静かな事この上なく、母なる海がもたらす恵みを少々分けて頂こうと画策する我々を優しく迎えてくれているようだ。

070504_0437~0001.jpg












最初はみんなそう思ってたんだよぉっ!




続きを読む
posted by ヒデ at 23:06| 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | 釣行記(管理釣場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

再開その2

連休初日はたいめんさんとのコラボフィッシング。
昨日は車のタイヤ・オイル・ワイパー交換と北海道ではごくごく恒例の行事で1日が潰れる(汗)
そして今日。
カミさんがTEAM NACSの芝居を見に行くとの事で札幌に送るついでに子供と一緒にSTREAMへ行ってきました。



続きを読む
posted by ヒデ at 23:09| ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 釣行記(管理釣場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

開幕だのモニターだのネタだの・・・2007年竿初め

昨日の春分の日。
フリフリメンバー総勢10名で鵡川にある管理釣場『フィッシングランド鵡川』に釣行してきました。

start.JPG


北海道では珍しく通年営業の管理釣場です。(詳しくはyamadaさんの本家HP『Club Parashutar』にて!)
料金は1000円/時間のシンプルな設定のみ。
オイラにとっては今シーズンの開幕戦となります。
ちなみに去年は・・・・・カチカチカチカチ・・・(←釣行記チェック中
















気持ちいい位ボンズ喰らってますね(泣)




去年の二の舞は踏みたくない!
そんなオイラは、

フライ→去年の残り物
インジケーター→同じく残り物。しかも逆光用2、通常版1
ティペット→問題なし(だと思ってた、この時点では)

ドラクエで言えば『てつのつるぎ』と『てつのかぶと』を装備したLV2位の勇者の心境(滝汗)

今回は例のモニター記事も書かなきゃならんので、ボだけは免れたい所。
さて、どうなるやら・・・




続きを読む
posted by ヒデ at 12:39| ☀| Comment(24) | TrackBack(0) | 釣行記(管理釣場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

2006年11月26日〜管理釣場STREAM 竿納め〜

とうとうこの日がやって来ました・・・

竿納め』です。

厳寒期の釣りをやらない(根性が無い)オイラにとって、これからは否応なしに引きこもる生活が待っています。

今年はクラフトという楽しみも増えました。

タイイングだってやらなきゃいけない。

でも、やっぱり竿を振れないのは寂しい物があります。
来シーズンまでグッと我慢です。


そして、今年の締めくくりに選んだのは、今年から随分お世話になった管理釣場STREAM。
あそこの元気なニジマスが今年最後の相手です。


ちょっとしんみりしちゃいましたが、ここからはいつものテンションでいってみましょうか!

では、本題へ!!




続きを読む
posted by ヒデ at 11:19| ⛄| Comment(12) | TrackBack(0) | 釣行記(管理釣場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

2006年11月19日〜管理釣場STREAM〜

凶器に等しい冷気もいくらか和らいだ様だった。
とは言え、訪れる冬の気配に変わりはなく、時折吹く風は間違い無く冷たい。

―引き返せば楽になれる

男の脳裏によぎる甘く危険な誘惑。
その誘惑に打ち勝ったのは、男の類稀なる精神力と果たさなければならない目的を背負った使命感に他ならない。
右手にはどんな敵をもいなし、惑わせ、己を勝利に導いてくれる聖剣エクスカリバーを。
左手にはあらゆる敵を捕らえ、その自由を奪う無敵のイージスの盾を。
至高とも呼ばれる伝説の武器を携え、男は戦場に舞い降りた・・・

―いる・・・・・!

男の目は無数の『敵』の存在を確実に捉えていた。
『敵』の動きはあきらかに訓練されたそれではない。あまりにも無秩序過ぎる。
だが、男は知っていた。
奴らは訓練によってではなく、本能で戦う『真の戦士』である事を。

―油断すればこっちがやられる

いかな聖剣といえども所詮操っているのは人間。一瞬の油断が己の身や心にどれだけのダメージを与えるかを男はこれまでの経験で十二分に分かっていた。

―よし、行くぞ!

今日初めて連れてきた新兵に目配せし、男は『敵』に向かって右腕を振り上げた・・・



続きを読む
posted by ヒデ at 21:26| ☀| Comment(26) | TrackBack(0) | 釣行記(管理釣場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

2006年10月9日〜管理釣場STREAM〜

来週のアメマス遠征用に巻いたフライのテストの為、ちょこっとだけSTREAMさんにお邪魔してきました。

テストしたのはエッグ4種。
魚の反応の違いを把握する為、カラーは同じ物にし、5投したら交換というルールでテストしてきました。

続きを読む
posted by ヒデ at 22:11| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 釣行記(管理釣場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

2006年9月30日管理釣場STREAM

たまたま友人が遊びに来たので、懲りずに今週も行ってしまいました。
ついでに先日買ったネットの入魂式も兼ねて・・・

IMGP0404.JPG 久々に両手持ちできましたぁ・・・(しみじみ)

続きを読む
posted by ヒデ at 00:08| ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | 釣行記(管理釣場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

2006年9月24日〜管理釣場STREAM ピザとか出会いとか〜

ここの所立て続けのSTREAM関連の記事ですが本日も行って参りました。
今回のお目当ては釣りというよりも、ドラム缶を使って焼く『手作りピザ』

先日お邪魔した時にオーナーの澤谷さんからお誘いを受けた事もあり、今回はカミさんと子供も一緒に家族全員でお邪魔して来ました!

思いがけない出会いもあり、楽しい1日を過ごさせていただきました。



続きを読む
posted by ヒデ at 22:34| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣行記(管理釣場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

2006年9月19日〜管理釣場STREAM〜

先日のページリニューアル作業の際、オイラはとても大事な事に気付きました。






管理釣場の釣行記がゼロ!






うーん・・・・・
自然河川の釣行記がゼロよりはいいかも知れませんが、やはりカテゴリを設定した以上は記事を書くのがブロガーの礼儀というもの。

そんな訳で、先日お会いしたyamadaさんのブログ『魚道40号線』でその存在を知った中山峠にある管理釣場『STREAM(ストリーム)』さんへお邪魔する事にしました!



続きを読む
posted by ヒデ at 01:42| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 釣行記(管理釣場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

管理釣場デビュー〜スコットG2実釣レポート〜

去る2005年11月12日の土曜日。とうとうこの日が来てしまった。

管理釣場デビュー


北海道にいればほとんどの自然河川は無料で釣りができる旨は以前お話しましたが、それが故に「お金を払ってまで釣りしたくないやい」という器の小さい考えが自分の中にどっしりと腰を据えておりました。
しかし、今回は訳が違う。

タックルレビューBでお話した通り、生涯最高とも思える勇者の剣スコットG2を手にした私はこやつの性能を堪能したくなった訳です。

ただ問題が。

1.今の住居は引っ越して間もなく、近隣のフィールドリサーチが不十分。
2.このロッドが発売され、入手したのが11月9日。
3.季節的にも自然河川の状況は厳しいと思われる。

どうですか?こんな条件で「いざ出陣!」とか気合いを入れた所で、

討死


ボンズの甘い匂いがしてなりません。
となれば、寒さ厳しくなってきたこの季節でも少なくとも魚は確実にいる管理釣場に行く方が確率は高い・・・
よって、デビューする事とあいなった訳です。

昨年からフライを教えている職場の若手をお供に、自宅から車で30分位の管理釣場『藍鱗』へ。
こちらの管理釣場は雰囲気は昔の釣堀風だが、夏は夜11時までのナイター営業もやっており、札幌市街から近い事もあり結構人気がある。詳しくは春になってからフィールド紹介のカテゴリでも作ってレポートしたいと思います。

当日は曇りで風がそこそこ吹くという結構寒い条件。
根性が続くかどうかが問題な為迷ったが3時間券を購入。(2800円位)
フライを振っていいポンドを教えてもらい、いざ実釣へ。
この時管理人さんに調子の程を聞いたが、「タナさえ合えば爆釣するよ」との事。
やっぱりドライは厳しいか・・・
とは言え、「爆釣」の二文字はやる気を奮い立たせるのに十分。

まずは一番大きいメインポンドではなく、その隣の直径5m位の「池」と呼ぶのがふさわしいポンドへ。
何はともあれ振り心地を確かめるのが最優先。
さっきの管理人さんのアドバイスを無視するかのようにエルクヘアカディスの14番を結ぶ。
リーダーは4X12f。とりあえずティペットの継ぎ足しはしない。
さて、第1投。

ぬわんじゃこるぁ!?!?


軽く振っただけなのにびっくりする位ラインが伸びて行く。といってタイトにギュンという感じではなく、スルスルッと勝手に出て行く感じ。

俺も腕を上げたもんだ(ロッドの性能です)


ラインが絡むのを覚悟で適当に振ってみる。ループも乱れない。狙った所にもスパスパ落ちる!

オラ、知らない内に強くなってたんだなー(ロッドの性能だってば)


はっきり言います。私は決して多くのロッドに触れてきた訳ではありません。しかし断言してもいい。

世界にひとつだけのロッドです


そんな感動に浸っていると突然バシャッと水面が割れた。
アワせる。フッキング!
結構いい引き。ロッドはミドルからきれいに曲がっているがバットはびくともしない。魚の引きをミドル〜ティップで吸収しながらも手元に魚の動きがゴンゴン!って感じでダイレクトに伝わってくる。

おもしれぇ〜るんるん


十分に引きを堪能し、そのまま水面でリリース。サイズは30cm位のニジマス。
まずは振り心地を確かめる為にドライを結んだのだが、魚も釣れるという何ともラッキーかつ幸先のいいデビュー戦。

その後ニンフにシステムチェンジし、同サイズのニジマスを5匹程追加。
私はビーズヘッドタイプのニンフに粘土式のマーカーでルースニングするのが好みですが、このシステムにしても今までで一番投げやすかったです。
ミドルから先のしなり具合が絶妙で、ピックアップ〜キャストも無理なく行えるし、スムーズに飛んで行きます。

続いて遠投性能を確かめる為、一番大きいメインポンドへ移動。
再びドライに切り替え、ただひたすら飛ばす事を試みる。
私はダブルホールが上手くないので(というよりほとんどできない)通常のキャストでどこまで無理なく飛ばせるかをチェック。
結果として、

さほど変わらん(泣)


前任のユーフレックスとさほど変わりませんでした。まあ、同じファーストアクションで同じ4番ロッドなのでこの問題に関しては私の未熟さが原因である事は間違いありません。

もっと修行しなきゃもうやだ〜(悲しい顔)


ただ一点だけ違う事が。
同じ飛距離を飛ばすのに、以前よりは無駄に力を入れなくても良かったような気がしました。

途中あまりの寒さに管理棟に逃げ込み、缶コーヒーをすすって釣り再開。
ニンフ、ドライの2選択のみでアベレージ30cm位のニジマスを最終的に20本位釣り上げタイムアップ。

ビッグサイズはかかりませんでしたが(ライズはしていた)ロッドの性能も確認でき、満足な管釣りデビューとなりました。

総合的な感想としては、

釣り味、キャスティング性能、所有する満足感等、どれを取っても高得点。
値段が高いのが難点ですが、それに見合うだけの性能は保証できます。
渓流で釣りをする上でもこの1本があればまず困る事はないでしょう。オールマイティーに使えるロッドです。
生涯保障という点からも今後一生の相棒となりそうな予感がします。

紆余曲折を経てようやく巡り会った運命の恋人です


値段故に足踏みされている方。
買って損はありませんよ。

そうそう、同行していた職場の後輩ですが・・・

ボンズでした


どうやら私以上に修行しなければいけないのがいるようで・・・

ではでは♪

posted by ヒデ at 14:40| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣行記(管理釣場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。